明治青汁の3つの特徴と口コミを簡易分析~meijiの特定保健用食品

meijiの明治青汁は特定保健用食品。

いわゆるトクホですね。

 

明治青汁は、日本人間ドック健診協会が推薦するトクホでもあります。

明治青汁にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

そこで、明治青汁の特長と口コミを簡易分析してみました。

明治青汁の特長を簡易分析

meijiの明治青汁特徴を簡易分析してみると、3つの特徴がある特定保健用食品であることが分かりました。

 

明治青汁の特長

  • おなかの調子を整える
  • 3種の国産青汁
  • 8種の緑黄色野菜

 

明治青汁の特長① おなかの調子を整える

明治青汁は特定保健用食品ですが、おなかの調子を整える特定保健用食品でありました。

 

明治青汁のおなかの調子を整える成分は難消化デキストリン。

難消化デキストリンは水に溶ける植物繊維の一種で、おなかの調子を整える作用があるそうです。

 

難消化デキストリンはいろいろな植物や海藻に含まれているそうですが、明治青汁に配合されている難消化デキストリンはトウモロコシ由来ということです。

 

明治青汁には3.8gの難消化デキストリンが配合されていました。

 

明治青汁の特長② 3種の国産青汁

明治青汁には3種の国産野菜が配合されていました。

 

3種の国産野菜

 

大麦若葉はビタミンB2・葉酸・食物繊維をたくさん含むといわれてる青汁を代表する野菜ですよね。

 

ケールも食物繊維・ビタミン・ミネラルがたくさん含まれてる野菜で青汁にはなくてはならない野菜といえます。

 

甘藷若葉はサツマイモの葉っぱと茎のことで、甘藷若葉にも食物繊維・ビタミン・ミネラルがたくさん含まれているそうです。

 

このように、明治青汁には3種の国産青汁が配合されている点も特徴といえるのですね。

 

明治青汁の特長③ 8種の緑黄色野菜

明治青汁は8種類の緑黄色野菜が配合されている点の特徴といえます。

 

8種の緑黄色野菜

  • ブロッコリー
  • ピーマン
  • カボチャ
  • パセリ
  • アスパラガス
  • 小松菜
  • 赤ピーマン
  • ほうれん草

 

8種の緑黄色野菜が配合されたことにより、明治青汁は栄養豊富で飲みやすくなりました。

 

明治青汁の口コミを簡易レビュー

明治青汁を飲まれた方は、どのような感想を感じたのでしょうか?

明治青汁の口コミを簡易分析してみましょう。

 

明治青汁の口コミ

私にとっては、少し薄いりんごジュースです。
とても飲みやすいと思います。
引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/276230_10001277/1.1/?l2-id=item_review

青汁の味は好みが分かれると思いますが、「明治青汁は飲みやすそうな味」であることが口コミから分かりました。

 

まとめ

meijiの明治青汁の特長と口コミを簡易分析してきました。

 

明治青汁は、難消化デキストリン・3種の国産青汁・8種の緑黄色野菜が配合されたとても飲みやすいトクホであることが分かりましたね。

 

青汁でおなかの調子を整えて行きたいときには、meijiの明治青汁をお試ししてみてはいかがでしょうか?

フィットライフコーヒーの特徴と味の評判を簡易分析~ミル総本社のトクホ

日本人間ドック健診協会推薦のトクホ「フィットライフコーヒー」。

 

ミル総本社のフィットライフコーヒーはどのような特徴があるトクホなのでしょうか?

 

そこで、フィットライフコーヒーの特徴と味の評判からフィットライフコーヒーがどのようなトクホなのかを簡易分析してみました。

フィットライフコーヒーの特徴を簡易分析

ミル総本社のフィットライフコーヒーの特徴を簡易分析してみると、3つの特徴があるトクホであることが分かりました。

 

フィットライフコーヒーの特徴

  • 食後の血糖値の上昇を抑える
  • 難消化デキストリン配合
  • マイルドな味

 

フィットライフコーヒーの特徴① 食後の血糖値の上昇を抑える

フィットライフコーヒーは特定保健用食品ですが、特定保健用食品とは特定の保健効果がある食品のことになります。

 

では、フィットライフコーヒーはどのような特定の保健効果があるのかというと、フィットライフコーヒーには食後の血糖値に上昇を抑える保健効果がありました。

 

フィットライフコーヒーを食事中に飲むと、食後の血糖値の上昇が抑えられることが試験から確認されたそうです。

 

フィットライフコーヒーの特徴② 難消化デキストリン配合

フィットライフコーヒーは食後の血糖値の上昇を抑えるコーヒーということが分かりました。

 

でもなぜ、フィットライフコーヒーは食後の血糖値の上昇を抑える保健効果があるのでしょうか?

 

その秘密は、フィットライフコーヒーに配合されている難消化デキストリンの働きにありました。

 

難消化デキストリンは水溶性食物繊維の一種で、小腸での糖分の吸収を妨げる作用があるそうです。

 

小腸で糖分の吸収が妨げられると、血糖値の上昇も抑えられるということでした。

 

ただ、食後の血糖値の上昇を抑えようと思うと、フィットライフコーヒーを食事とともに摂取する必要があるということです。

 

反対にいうと、食と一緒に摂取しなければ食後の血糖値の上昇を抑える作用がないということになるのでしょうね。

 

ですので、食後の血糖値の上昇が気になるときには、食事とともにフィットライフコーヒーを飲みましょう。

 

フィットライフコーヒーの特徴③ マイルドな味

フィットライフコーヒーは食後の血糖値対策ができるコーヒーです。

血糖値が気になる方は、できれば毎日血糖値対策を行いたいですよね。

 

毎日血糖値対策を行うには、やはり美味しい味でなければ血糖値対策を続けられないと思います。

 

フィットライフコーヒーでは毎日継続して飲めるように、飲みやすいマイルドな味として開発されました。

 

また、フィットライフコーヒーは1杯ずつ飲める粉末タイプを採用。

いつでもどこででも、できた手の味を楽しめるコーヒーに仕上がったということです。

 

フィットライフコーヒーの味の評判を簡易分析

ミル総本社のフィットライフコーヒーの味の評判には、どのような評価があるのでしょうか?

 

フィットライフコーヒーの味の評判を調べてみました。

・気軽に飲めることに大満足。

・飽きのこない味わい。
引用:http://www.mill.co.jp/brand/flc/voice/index.html

口コミの評判から、「フィットライフコーヒーは毎日続けられる飲みやすい味」であると思いました。

 

まとめ

日本人間ドック健診協会推薦のトクホであるミル総本社のフィットライフコーヒーの特徴と味の評判を簡易分析してきました。

 

フィットライフコーヒーは、食後の血糖値の上昇をおさえるマイルドな飲みやすい味のコーヒーであることが分かりましたね。

 

血糖値対策では食後の血糖値の上昇を抑えることも大切。

 

血糖値が気になるときには、飲みやすいフィットライフコーヒーをお試ししてみてはいかがでしょうか?

ザ・テーブルソーダの特徴を簡易分析~サントリー数量限定販売

サントリーのザ・テーブルソーダは日本人間ドック健診協会推薦のトクホ。

 

日本人間ドック健診協会推薦トクホのザ・テーブルソーダには、どのような特徴があるのでしょうか?

 

そこで、ザ・テーブルソーダの特徴を簡易分析してみました。

ザ・テーブルソーダの特徴を簡易分析|3つの特徴とは


引用:https://www.suntory.co.jp/softdrink/thetablesoda/

サントリーのザ・テーブルソーダを簡易分析してみると、3つの特徴があるトクホであることが分かりました。

 

ザ・テーブルソーダの特徴

  • 脂肪の吸収を抑える
  • 食後の血糖値の上昇を抑える
  • 2種類の味

 

ザ・テーブルソーダの特徴① 脂肪の吸収を抑える

ザ・テーブルソーダの特徴の1つ目は、脂肪の吸収を抑える点にありました。

 

ザ・テーブルソーダには、難消化デキストリンの働きで食事から摂取した脂肪の吸収をおさえ脂肪の排出を増加させる作用があるそうです。

 

「脂肪の吸収を抑えるとは小腸での脂肪の吸収を抑えること」。

 

そして、脂肪の排出を増加させるとは「小腸内の脂肪の排出を増加させること」ことなのでしょうね。

 

脂肪の吸収を抑えるところから体脂肪対策ができるのがザ・テーブルソーダということが分かりました。

 

ザ・テーブルソーダの特徴② 食後の血糖値の上昇を抑える

ザ・テーブルソーダの特徴の2つ目は、食後の血糖値の上昇を抑える点にあります。

 

ザ・テーブルソーダは、難消化デキストリンの働きで食事で摂取した脂肪の吸収を抑えるとお話ししました。

 

食事で摂取した脂肪の吸収が抑えられると、食後の血中中性脂肪の上昇もおだやかになることが分かったそうです。

 

ですので、ザ・テーブルソーダの血中中性脂肪を抑える効果を実感するためには、食事とともにザ・テーブルソーダを飲む必要があるのですね。

 

食事と一緒にザ・テーブルソーダを飲むことによって、効果的な血中中性脂肪対策につながるということでした。

 

ザ・テーブルソーダの特徴③ 2種類の味

ザ・テーブルソーダには、2種類の味がありました。

 

2種類の味

  • オリジナル
  • すだち&かぼす

 

ザ・テーブルソーダは特定保健用食品ですが、いくら効果が期待できても味が美味しくなかったら飲もうとは思いませんよね。

 

サントリーはこの点を考慮して、飲みやすい味のザ・テーブルソーダを2種類開発。

 

食事を楽しみながら食事での脂肪対策ができるのがザ・テーブルソーダといえることが分かりました。

 

まとめ

サントリーのザ・テーブルソーダの特徴を簡易分析してきました。

 

ザ・テーブルソーダは、食事で摂取した脂肪の吸収を抑える難消化デキストリン配合の特定保健用食品であることが分かりましたね。

 

ザ・テーブルソーダは数量限定ということですので、ザ・テーブルソーダをみかけたら一度お試ししてみてはと思います。

賢者の食卓ダブルサポートの特徴と口コミレビューを簡易分析~大塚製薬

賢者の食卓(大塚製薬)は日本人間ドック健診協会推薦のトクホ。

 

日本人間ドック健診協会が推薦している賢者の食卓には、どのような特徴があるのでしょうか?

 

そこで、賢者の食卓の特徴を簡易分析してみました。

賢者の食卓を簡易分析|3つの特徴とは

大塚製薬の特定保健用食品「賢者の食卓」を簡易分析してみると、3つの特徴があることが分かりました。

 

賢者の食卓の特徴

  • 難消化デキストリン配合
  • 何にでも配合可能
  • スティックタイプ

 

賢者の食卓の特徴① 難消化デキストリン配合

賢者の食卓は食後の血糖値の上昇をおだやかにする特定保健用食品です。

※特定保健用食品とは、国により安全性と機能性を認められた食品のこと。

 

では、賢者の食卓のどの成分に食後の血糖値の上昇を抑える作用があるのでしょうか?

 

そこで、賢者の食卓の成分を調べたところ、難消化デキストリンという成分に食後の血糖値や血中中性脂肪の吸収を抑える作用があることが分かりました。

 

賢者の食卓が食後の血糖値の上昇を抑える特定保健用食品と認められたのは、難消化デキストリンの働きにあったのですね。

 

賢者の食卓の特徴② なんにでも配合可能

賢者の食卓は食後の血糖値をおだやかにする特定保健用食品。

 

食後の血糖値の上昇をおだやかにする特定保健用食品にはお茶や青汁などいろいろな製品がありますよね。

 

賢者の食卓は、何にでも配合できる顆粒タイプを採用していました。

顆粒タイプの一番の特徴は、お水やお茶などどんな飲み物にも配合できる点にあります。

 

自分の好きな飲み物で血糖値対策を行いたいときには、賢者の食卓の利用が良いのではないかと思います。

 

賢者の食卓の特徴③ スティックタイプ

賢者の食卓は、1回分ごとに使えるようにスティックタイプを採用していました。

 

スティックタイプはかさばることがありませんので、どこにでも持ち運びができてとっても便利。

 

会社や旅行中でも、食後の血糖値が気になるときにはスティックタイプでさっと血糖値対策ができますね。

 

賢者の食卓の口コミレビューを分析

ここからは、賢者の食卓の口コミレビューを分析していきたいと思います。

 

賢者の食卓の口コミレビュー

どの食べ物、飲み物にいれても全然味を変えずなのでほんとに忘れなければ続けれます。
引用:https://product.rakuten.co.jp/product/-/f9ae77e637d566fea66acbc64a566060/review/?l2-id=pdt_overview_review

口コミレビューには、「賢者の食卓は味がないのでどんな飲み物に混ぜても大丈夫」という感想が多くありました。

 

まとめ

大塚製薬の賢者の食卓の特徴と口コミレビューを簡易分析してきました。

 

賢者の食卓は、難消化デキストリンの働きで食後の血糖値の上昇を抑える特定保健用食品であることが分かりました。

 

賢者の食卓は、お水やお茶などなんにでも配合できる顆粒タイプ。

 

ですので、食事のシーンに合わせた飲み物で血糖値対策をされたい方には、賢者の食卓はおすすめだと思いました。